本来、融資を受けたお金は、生活上、あるいは住宅などのローン用として認められて借りているものです。
生活に困窮してお金を借りた人に多いのですが、借りたお金を手持ちだと勘違いしてしまう人がいます。

これが、借金返済を予定通りに行えなくする原因の一つになっていることがあるのです。
融資を受けると見た目の現金が手元に多く残っているため、生活に余裕が出てきます。
そこで気を大きくしてしまい、無駄が目立つようになってしまう人もいるのです。

無駄が目立っても、しっかり借金の返済ができればいいだろうと考えるのですが、実際には返せなくなってしまう人が多くなっています。

これは、生活を贅沢にしてしまったことで節約をすることができず、どんどん借入れが進み支払いが厳しくなってしまうのです。

さらに、パチンコが好きな人は注意が必要です。
パチンコが好きな人の場合、勝ったお金で返せばいいという考えがあります。
そのため無駄にお金を使い込んでしまいがちな傾向にあります。

しかし、パチンコを提供している側も商売ですから、そうそう簡単に勝てるわけではありません。
負けが込めばお金を借りて、勝負しての繰り返しになってしまい、消費者金融で借金200万にもなった友人もいます。

友人は、最終的には、債務整理する羽目になりました。
そうならないためにも、融資を受けたお金と自分の生活費は別の財布にしておいた方がいいでしょう。

そして、パチンコで勝ってお金を一気に返そうとは、考えないようにすることが大切です。
借金返済は、地道ながらもじっくりと返していける人に最適なものであると覚えておきましょう。
一発逆転はないのです。

参考:パチンコで借金200万!返済方法に困った体験談

パチンコの借金200万の返済が苦しくて自己破産したい!

仕事でとてもストレスを抱えていました。
そして発散もために、パチンコにはまってしまい、毎日のように打っていましたが、所詮勝てるものではなく、給料を得てもすぐにお金はなくなってしまう日々でした。

ただ、それでも何とかを打ちたくて、銀行系のカードローンを組み、お金を借りることにしました。
毎日パチンコで負け続け、そのたびに少しずつ借りていき、気が付けば借金は200万に膨れ上がりました。

さすがに200万円も借りると、利子だけでも高くつき、毎月2万円は利子に取られてしまいます。
家族には内緒にしておきたいので、給料から支払いすることはできず、月々3万円の小遣いの中から、少しずつ入金をすることになりました。

3万の小遣いからの払っているので、2万円もの利子のため、元金はほとんど減らず、借金返済にとても苦労をしています。

借入をしてから5年以上が経ちましたが、元金はまだ200万近く残っています。
当然ながら、自分で自由に使えるお金なんてまったくといってよいほどありません。

パチンコからはもちろん足を洗いました。
二度と打ちたいとは思いません。

一体いつになったら返済が終わるのかもわからず、できることなら家族に打ち明けるか、自己破産でもしたいです。

パチンコの借金返済は自己破産できない!

パチンコなどのギャンブルをきっかけに借入、仮に支払いできない時は自己破産として処理する事ができないことが多いです。
ただし、返済するべき借金の額によっては、任意整理という手段で処理する事はできます。

パチンコなどのギャンブルにおける借入に関しては、儲かるという意識によって複数の消費者金融の会社から借りていて、返せない状態で多重債務の状態に陥ったり、一社から多額の金額を借りていて返済が不可能な状態に陥っている債務者が多いのです。

従って、パチンコなどの借金に関しては帳消しにできないので、労働による収入を得て生活を切り詰めて返済して行く方法しかないのです。

ギャンブルは遊びの一種なので、本来ならば借金という行動をしてお金を使うべきではないのです。
特にギャンブル依存症に陥っている人は、ギャンブルは儲かるという意識を持っているので、多重債務に陥ってしまうのです。

儲かるという意識を払拭させなければ借金という地獄から抜け出せなくなるのです。
従って、ギャンブル依存症の人が立ち直るためには、第三者の呼びかけが必要となっています。
依存症による相談やギャンブルの怖さについて、専門医による精神のケアを行う機関があります。